ニュース速報

ワールド

焦点:見直し迫られるバイデン氏のコロナ戦略、デルタ株と接種拒否で

2021年07月31日(土)09時12分

バイデン米大統領は1月の就任時に、新型コロナウイルスのパンデミックとの戦いで国内のワクチン接種に注力するのが新政権の方針だと言明した。しかし感染力の強いデルタ株が猛威を振るい、多くの国民がワクチン接種を拒否していることから、戦略の見直しを迫られている。写真はデラウェア州ウィルミントンで昨年12月撮影(2021年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 29日 ロイター] - バイデン米大統領は1月の就任時に、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)との戦いで国内のワクチン接種に注力するのが新政権の方針だと言明した。しかし感染力の強いデルタ株が猛威を振るい、多くの国民がワクチン接種を拒否していることから、戦略の見直しを迫られている。

バイデン氏が大統領に就いた1月20日時点で米国の新型コロナによる死者数は累計40万人に上り、日々数千人が死亡していた。ワクチンは接種が可能になったばかりだった。

バイデン氏のコロナ対策チームは、薬局4万2000店舗、数十カ所の集団接種会場、配車サービス会社、ビールメーカーと連携し、さらには5100人の現役兵士まで動員して大規模な接種キャンペーンを展開。政権幹部が全国を行脚し、「ワクチンを接種すれば普通の生活に戻れる」と説いて回った。

多くの地域でこうした取り組みが奏功。接種を受ける人の行列ができ、接種率が全国的に高まるにつれて1日当たりの感染、入院、死亡の人数は減少した。

しかしワクチンを重視するあまり、検査数が減ったり、マスク着用に関するメッセージが混乱したりするなどの弊害を招いた。ワクチンへの強い抵抗感や偽情報、ウイルスの変異能力などを見誤ったと批判する声もある。

カリフォルニア大学サンフランシスコ校の感染症専門家、ピーター・チンホン教授は、「新型コロナから国を守るには複数の戦略が不可欠だ」と指摘。「われわれは他の重要な戦略を犠牲にしてワクチン一色になり、大騒ぎしてしまった」と苦言を呈した。

米疾病対策センター(CDC)によると、感染者数は国内の約90%の行政区で増加し、接種率の低い地域では急拡大している。

米景気は本格的に回復していたが、新規感染者数の急増がそれに暗雲を投げかけている。失業給付や家賃支払い猶予など支援策の期限が切れ、消費者が支出に慎重になれば、特にリスクが高まる恐れがある。

ホワイトハウスで新型コロナ検査を担当するキャロル・ジョンソン調整官は「ワクチン接種は依然として、ウイルスまん延を防ぐために打てる最重要の対策であり、接種を支援するためにあらゆる手段を講じるべきだ」と述べた。

ホワイトハウス当局者によると、バイデン氏が打ち出した1兆9000億ドル(約210兆円)の新型コロナ追加経済対策は、学校や保険未加入者を対象とした検査に数十億ドルを投じている。

<反ワクチンを過小評価>

バイデン政権は、重症化や死亡から身を守り、無料で簡単に利用できるワクチンを受けようとしない国民がいることに困惑している。

ワクチンはデルタ株への感染や、デルタ株を人にうつすのをおおむね防ぐが、ワクチンを2回接種した人が感染したり、人にうつしたりすることもまれにはある。

バイデン氏は、パンデミックが接種拒否によるものだとの発言を強めている。

感染症専門家のアンソニー・ファウチ氏は、不幸にも感染力が非常に強い変異株の発生とワクチン拒否という2つ要因が重なったと指摘。政府は遅れている接種ペースを上げるために、学校や企業における接種の義務化がある程度必要になるとの見方を示した。

CDCによると、国内のワクチン完全接種率は49.2%。この数週間でやや上昇し、検査も増えている。

専門家の多くは接種率が70%を超えると、感染後に免疫を獲得した人々も合わせて、集団免疫の状態になると示唆していた。

しかし新型コロナウイルスはすぐに変異し、感染力の高い新しい株を生み出すことができるため、集団免疫が達成できるか疑問視されている。

ロイターの分析によると、27日現在、米国の接種率が70%に達する時期は12月16日となる見通しで、多くの先進国よりもペースがはるかに遅い。

その原因の1つが政治にある。

共和党の一部議員は接種の有無を明らかにせず、バイデン氏の接種拡大策に反対している。

反ワクチンの動きは突然生まれたわけではない。ロイター/イプソスの調査によると、すでに2020年から21年初頭にかけて接種に消極的な世論が熟しつつあった。

ベイラー医科大学国立熱帯医学大学院のピーター・ホーテツ学長は、バイデン政権が反ワクチン運動による「ひどい影響」を認めたことは重要だが、政府にはもっとできることがあると言う。「反科学が米国民を死に追いやる要因の1つであるのは間違いない。それにもかかわらず、反科学は世界的なテロリズムや核の拡散、サイバー攻撃と同じようには扱われていない」と訴えた。

<マスク着用で混乱も>

バイデン政権は、CDCが春に行ったガイダンス改定に沿ってマスク着用義務の解除を強調することで、党派を超えて人々のワクチン接種に弾みをつけようとした。バイデン氏は5月13日の演説で、「完全に予防接種を受けた人は、もうマスクをする必要はない」と述べた。

しかしCDCは7月27日、デルタ株が急速に広がっている地域では、ワクチンを接種した市民も屋内の公共の場でマスクを着用すべきだと方針を変更。マスク着用に関する当局の政策のぶれが混乱を招いたと批判されている。

エモリー大学のカルロス・デル・リオ教授は「率直に言って、歯磨き粉をチューブに戻すようなものだろう」と述べ、今更人々にもう一度マスク着用を呼びかけても効果は期待できないとの立場だ。

一方、デルタ株の感染が拡大する中で検査数は不十分で、無症状者の追跡は難しくなっている。

スクリプス研究所のエリック・トポル所長は、迅速に検査できれば、接種済みの人が旅行やレストランでの食事の前に感染の有無をチェックするのに役立つのに、こうした取り組みが不足していると指摘した。

米当局は昨年、低コストで迅速な抗原検査を含む数十種類の新型コロナ検査を認可し、年末までに全国の検査能力を月に2億件程度に引き上げるとの目標を掲げた。

しかしワクチン接種率の上昇に伴って検査の需要は低下。アボット・ラボラトリーズは今月、需要の落ち込みに対応して2カ所の検査薬製造施設で400人を解雇すると発表した。

(Jeff Mason記者 Julie Steenhuysen記者)

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=大幅安、米債利回り上昇に反応 インフ

ワールド

米EU通商担当、中国など非市場経済国がもたらす課題

ビジネス

国際的な最低法人税率、G20サミットでの合意期待=

ワールド

米上院共和党、債務上限凍結に向けた法案の採決阻止

MAGAZINE

特集:ビジネスに役立つ NAVY SEALS 12のリーダー術

2021年10月 5日号(9/28発売)

米海軍特殊部隊の指揮官が戦場で学んだ部下と自分を危機から救う方法

人気ランキング

  • 1

    「4000冊の蔵書が一瞬で吹っ飛んだ」 電子書籍の落とし穴 ── あなたは購入していない

  • 2

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリスクを警告

  • 3

    武漢研究所、遺伝子操作でヒトへの感染力を強める実験を計画していた

  • 4

    100年に1度の極端水位が今世紀末までに毎年発生する…

  • 5

    中国の不動産バブルは弾けるか? 恒大集団の破綻が…

  • 6

    アメリカから見ると自民党はめっちゃリベラルです

  • 7

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 8

    起業の成功に必要なもの...資金・コネ・知識・経験よ…

  • 9

    面白研究に下ネタ 科学の裾野を広げる「イグ・ノー…

  • 10

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという…

  • 1

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 2

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリスクを警告

  • 3

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという間に「短命県」になったシンプルな理由

  • 4

    「4000冊の蔵書が一瞬で吹っ飛んだ」 電子書籍の落と…

  • 5

    武漢研究所、遺伝子操作でヒトへの感染力を強める実…

  • 6

    起業の成功に必要なもの...資金・コネ・知識・経験よ…

  • 7

    韓国の技術革新力が世界5位に──K ポップの活躍も要因…

  • 8

    サイを逆さ吊りにする実験結果がイグノーベル賞を受賞

  • 9

    男性だけのお客様、予約しても泊まれません...トルコ…

  • 10

    感染は日本とアメリカが中心、すでに35カ国で確認さ…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 3

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しかも誰かぶら下がっている!

  • 4

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 5

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 6

    動画サイトの視聴で広がる集団疾患、世界の若年層で…

  • 7

    330匹の猫が不審死...原因はペットフードか 重症猫…

  • 8

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さ…

  • 9

    仲間や家族と一緒よりも「ソロキャンプ」が最高に楽し…

  • 10

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中