ニュース速報

ビジネス

訂正(4日配信記事)-米、為替操作国認定なし スイスを日中韓などとともに監視

2021年12月06日(月)10時56分

米財務省は3日に公表した半年に1度の外国為替報告書で、台湾とベトナムは為替操作国の認定基準を引き続き満たしていると指摘しながらも、いかなる主要貿易相手国も為替操作国と認定しなかった。2020年5月撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic)

(本文8段落目の台湾の「対米貿易赤字」を「対米貿易黒字」に訂正しました)

[3日 ロイター] - 米財務省は3日に公表した半年に1度の外国為替報告書で、台湾とベトナムは為替操作国の認定基準を引き続き満たしていると指摘しながらも、いかなる主要貿易相手国も為替操作国と認定しなかった。トランプ前政権下で為替操作国に認定したスイスについては、為替政策を緊密に注視する必要がある「監視リスト」の対象に加えた。

財務省はベトナムについて「これまでに得られた進展に満足している」と表明。台湾については5月に開始した取り組みを継続するとし、「この取組には、通貨の過小評価と対外不均衡の根本的な原因に対処するための具体策を伴う計画の策定を促すことが含まれている」とした。

スイスは為替操作国認定の3つの条件のうち、今回は2つに該当。財務省は、少なくともあと1年は為替慣習を詳細に監視するとした。

「監視リスト」に掲載された国はスイスのほか、中国、日本、韓国、ドイツ、アイルランド、イタリア、インド、マレーシア、シンガポール、タイ、メキシコの計12カ国。

中国については、為替慣習の透明性の欠如を指摘。中国人民銀行(中央銀行)の外為資産と外為純決済データとの間に大きな乖離があることで、国有銀行が公的介入を行うために利用されている可能性が示唆されているとし、「中国の為替管理、資本移動、マクロプルーデンス措置の利用と、これらが為替相場に及ぼす影響を引き続き注意深く監視する」とした。

イエレン財務長官は報告書に添付された声明で「主要国との為替関連問題を巡る取り組みを含め、米国の労働者に恩恵をもたらす、より力強く、かつ均衡が取れた世界的な景気回復を促進するため、財務省は絶え間ない努力を続けている」とした。

為替報告の発表を受け、台湾ドル、ベトナムドン、スイスフラン相場に大きな動きは出ていない。

台湾中央銀行の当局者は、米国との協議を継続すると表明。対米貿易黒字(訂正)の拡大については、新型コロナウイルスによるパンデミック(世界的大流行)を受けたハイテク製品に対する需要増のほか、中国製品に対する関税措置に起因するシフトが要因になっている説明した。

スイス財務省は声明で「適切な金融条件を維持し、物価の安定を図るために、金融政策の一環として為替介入が必要になっている」とし、経済的利益のためにフラン相場を操作していないと改めて主張した。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

都区部コアCPI1月は前年比+0.2%、エネルギー

ビジネス

寄り付きの日経平均は反発スタート、自律反発ねらいの

ビジネス

IMF、緩和持続へ日銀に政策修正を提言「利回り目標

ビジネス

仏LVMH、第4四半期は大幅増収 年末に高級品需要

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 2

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体供給でついに決断を求められる

  • 3

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 4

    映画界に変革をもたらした『マトリックス』、18年ぶ…

  • 5

    新曲の一部? BTSのVが聞き慣れない曲を口ずさむ動画…

  • 6

    「極太アナコンダに漁師が襲われている!」訳ではない

  • 7

    男の子は幼児期から「ガラスのハート」 子育ては性…

  • 8

    変動金利型と固定金利型のどちらの住宅ローンを選択…

  • 9

    角を切られ、30回手術を受けたサイが野生に戻される

  • 10

    ニッポンのリタイヤしたオジサンたちが次々と感染す…

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 4

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 7

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 8

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 9

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 10

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 10

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中