ニュース速報

ビジネス

中国の新築住宅価格、9月は前月比横ばい 20年2月以降初の失速

2021年10月20日(水)14時00分

中国国家統計局が20日発表したデータに基づきロイターが算出した9月の主要70都市の新築住宅平均価格は、前月比横ばいだった。北京市内、2017年12月撮影(2021年 ロイター/Jason Lee)

[北京 20日 ロイター] - 中国国家統計局が20日発表したデータに基づきロイターが算出した9月の主要70都市の新築住宅平均価格は、前月比横ばいだった。2020年2月以降で初めて失速した。当局が投機目的の購入を取り締まる中、信用状況がタイト化しており、住宅市場は一段と軟化している。

8月は前月比0.2%上昇していた。

9月に前月比で上昇したのはわずか27都市で、8月の46都市を下回り、中国での新型コロナウイルス感染拡大のピーク期だった20年2月以降で最少となった。

一部の都市では9月に入り、不動産市場の投機抑制策が強化された。南東部の厦門市は従来の措置に加え、初回住宅購入者に5年間、不動産の売却を禁止する措置を導入した。

アナリストは規制強化に加え、住宅ローンの基準厳格化が短期的な需要を圧迫していると指摘する。

不動産仲介センタラインのチーフアナリスト、Zhang Dawei氏は「第3・四半期に住宅ローンが前年同期比5100億元(798億ドル)減少するなど、信用状況のタイト化が全般的な市場凍結の最大の要因となった」と述べた。

アナリストによると、中国当局は必要に応じて一部の措置を緩和する可能性もあるものの、持続的な不動産バブルが国家の長期的な発展を損なう可能性への懸念から、厳しい規制を維持する見通しだ。

住宅価格は前年比では3.8%上昇。伸び率は8月の4.2%を下回り、9カ月ぶりの低水準となった。

不動産セクターを巡る懸念は、経営危機に直面しているデベロッパー、中国恒大集団の債務問題でさらに強まっている。

中国のデベロッパーは2016─18年の不動産ブーム期に多額の借り入れを行い住宅を建設したが、融資規制が強化される中、流動性が逼迫しており、多くのプロジェクトが未完成のままとなっている。

Zhang氏は「多くのデベロッパーが最近、流動性の逼迫に直面しており、買い手は永遠に完成することのない物件を買うことを懸念している」と指摘。「第4・四半期には、ほとんどの都市で市場が明らかな調整局面に入ることが見込まれる」と述べた。

<大都市の低迷も始まる>

価格下落は、人口流出が続き景気見通しが不透明な比較的小規模な都市で特に顕著となっており、住宅在庫が積み上がっている。

四川省瀘州と雲南省大理は今年に入ってから9カ月のうち7カ月で価格が前月比ベースで下落。統計局が対象とする主要70都市で下げが最も多い水準となっている。

また、大都市も低迷し始めており、広州の新築住宅価格は2カ月連続で下落。9月の天津と成都は今年に入って初めて前月比ベースで下落した。北京の価格は横ばい。

Zhang氏は「10月以降、住宅ローンの大幅な緩和がなければ、第4・四半期の不動産市場では価格戦争が主な流行語になるだろう」と語った。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国軍、台湾海峡で「戦闘準備パトロール」 米議員団

ビジネス

米経済に勢い、緩和縮小加速に前向き=アトランタ連銀

ビジネス

焦点:米テック企業に広がる労組結成の波、経営陣は対

ワールド

南アは透明性を持って行動、渡航制限は不当=保健相

MAGAZINE

特集:AI戦争の時代

2021年11月30日号(11/24発売)

人工知能を持つ戦闘マシンが自らの判断で敵を殺す ──「核より恐ろしい」新型兵器が現実の戦場に現れた

人気ランキング

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 5

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 6

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 7

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 8

    現在の経済混乱は企業が続けてきた「ケチ経営」のツ…

  • 9

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 10

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 5

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 6

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 7

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 8

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 9

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 10

    コーギー犬をバールで殺害 中国当局がコロナ対策で.…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 7

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 8

    時代に合わなくなったヒーロー「ジェームズ・ボンド…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中