ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=大幅安、米債利回り上昇に反応 インフレ懸念深まる

2021年09月29日(水)07時12分

米国株式市場は大幅安。インフレの高止まりや米債務上限引き上げを巡る懸念が深まる中、米債利回りの上昇に反応し、幅広い銘柄に売りが広がった。写真は27日、ニューヨーク証券取引所で撮影(2021年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 28日 ロイター] - 米国株式市場は大幅安。インフレの高止まりや米債務上限引き上げを巡る懸念が深まる中、米債利回りの上昇に反応し、幅広い銘柄に売りが広がった。

主要3指数はいずれもほぼ2%かそれ以上値を下げ、金利に敏感なテクノロジー関連株の下落が目立った。

S&P総合500種は5月以来、ナスダック総合は3月以来の大幅な下落率となった。

LPLフィナンシャルのシニア市場ストラテジスト、ライアン・デトリック氏は「ここ1週間の(米国債)利回り急上昇を受け、熟考は後回しにしてとりあえず売る動きが出ている」とした上で、この日は複数の要因が地合いを圧迫したと指摘。「債務上限や歳出法案、増税を巡る与野党の攻防が全体的に投資家心理の重しになり、かなりの規模の売りになった」と述べた。

この日は金を含む大半の資産が軟調で、幅広いリスクオフを示唆した。

イエレン米財務長官は、2021年末のインフレ率が4%前後になるとの見通しを示した。また、議会指導部に宛てた書簡で、債務上限の引き上げ、もしくは上限適用の凍結が決定されなければ経済に「深刻な被害」が及ぶ可能性があると警告し、回避に向けて行動するよう促した。

上院共和党は、現行28兆4000億ドルの連邦政府債務上限を22年末まで適用停止とする法案の採決を阻止した。

コンファレンス・ボード(CB)が発表した9月の米消費者信頼感指数は2月以来の水準に低下。新型コロナウイルスの感染が拡大し、短期的な経済の先行きに対する懸念が強まった。

S&P500の主要11セクターでは、エネルギーを除く全部門がマイナス圏で引け、情報技術と通信サービスの下落率が最大となった。

S&Pグロース指数は7月以来の低水準で終了。下落率は2月以来の大きさとなった。

マイクロソフト、アップル、アマゾン・ドット・コム、アルファベットが2.4─3.6%下げ、S&P500とナスダックの重しとなった。

一方、フォード・モーターは1.1%高。同社は27日、提携相手の韓国SKイノベーション096770.KSと共同で114億ドルを投資し、米国に電動ピックアップトラック「F─150ライトニング」の組立工場と、3つの電池工場を新設すると発表した。

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を4.35対1の比率で上回った。ナスダックでは4.52対1で値下がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は122億7000万株。直近20営業日の平均は103億7000万株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 34299.99 -569.38 -1.63 34747.70 34798.21 34254.65

前営業日終値 34869.37

ナスダック総合 14546.68 -423.29 -2.83 14787.21 14817.74 14539.88

前営業日終値 14969.97

S&P総合500種 4352.63 -90.48 -2.04 4419.54 4419.54 4346.33

前営業日終値 4443.11

ダウ輸送株20種 14321.22 -152.50 -1.05

ダウ公共株15種 869.74 -12.33 -1.40

フィラデルフィア半導体 3314.39 -131.06 -3.80

VIX指数 23.25 +4.49 +23.93

S&P一般消費財 1450.27 -29.69 -2.01

S&P素材 506.63 -6.57 -1.28

S&P工業 844.03 -9.80 -1.15

S&P主要消費財 721.74 -10.15 -1.39

S&P金融 634.55 -10.21 -1.58

S&P不動産 280.74 -1.75 -0.62

S&Pエネルギー 401.67 +1.84 +0.46

S&Pヘルスケア 1491.77 -25.81 -1.70

S&P通信サービス 269.75 -7.76 -2.79

S&P情報技術 2644.49 -81.36 -2.98

S&P公益事業 323.09 -4.00 -1.22

NYSE出来高 10.56億株

シカゴ日経先物12月限 ドル建て 29585 - 335 大阪比

シカゴ日経先物12月限 円建て 29520 - 400 大阪比

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:米通信事業者の5G対応、「看板倒れ」の現

ビジネス

中国恒大会長、10年以内に新エネルギー車を主要事業

ビジネス

米上院財政委員長、富裕層向け所得税を提案

ビジネス

中国国家主席、石炭・電力の安定供給図ると表明=国営

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚されぬ屈辱 その理由とは──

  • 3

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスより約500年早くアメリカ大陸に到達していた

  • 4

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 5

    ヒトに脳炎起こす、20センチの巨大カタツムリ 10年…

  • 6

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 7

    「自分たちらしく、時代に合ったものを」デュラン・…

  • 8

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 9

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 10

    映画『アメリカン・スナイパー』のネイビー・シール…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 9

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 10

    地面に信号! 斜め上を行く韓国の「スマホゾンビ」…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中