コラム

「YouTubeですら稼げている」時代、元NewsPicks佐々木紀彦氏は映像メディア立ち上げへ

2021年04月12日(月)11時45分

藤野氏は「『YouTubeですら稼げている』と言ったほうがよい。よりターゲティングして資金投入したら、動画メディアは凄まじく稼げる領域になる」と指摘する。

その一例が、アメリカの定額制動画配信サービス、Netflix(ネットフリックス)だ。Netflixの主な収入源は広告ではなく、契約者が支払う月額料金。契約者が増えるほど利益が上がり、良質なコンテンツが増える。その結果、さらに契約者が増えるという非常に強力なビジネスモデルを確立させた。

なかでも、『愛の不時着』『梨泰院クラス』など、韓国発の大ヒット作品は記憶に新しい。一方、世界で通用する日本作品がまだまだ少ないのはなぜだろうか。

佐々木氏によると、アメリカ(や韓国)のような「ケーブルテレビ局同士の激しい競争」を経験していないことが日本放送界の大きな特徴だという。

「日本では地上波放送が独占的地位を保ってきて、あまり専門チャンネルが発達する余地がなかった。しかし、ネットだとそれが花開く可能性がある。YouTubeにはまだないが、今後はプロ目線のビジネス系コンテンツが求められる時代。なおかつ、若い人の概念を変えられるように、ビジネスを民主化、メジャーコンテンツ化したい」と、佐々木氏は言う。

キーワードは「ビジネスのエンタメ化」。真面目だが楽しくて分かりやすいビジネス系コンテンツ産業には、「確かに大きな穴が空いている」と藤野氏も頷く。

佐々木氏は、「情報が一方通行ではなくなったことで問われるのは、メディアがわざわざ情報発信することの専門性・正当性」だと話す。

「また、テレビ番組中にCMを入れるというビジネスモデルは、元電通社長の吉田秀雄氏が作ったもの。そういった何十年も続くモデルを一から作った人が今の世の中にほとんどいないので、いろいろトライしたい」

世の中にはさまざまなモノやサービスで溢れ返っているが、必ずどこかに「隙間」は存在する。既存の文化に価値を見出し、新たな市場を生み出す挑戦者が求められている。

構成・酒井理恵

●YouTubeチャンネル「お金のまなびば!」

プロフィール

藤野英人

レオス・キャピタルワークス 代表取締役会長兼社長、CIO(最高投資責任者)
1966年富山県生まれ。国内・外資大手資産運用会社でファンドマネージャーを歴任後、2003年にレオス・キャピタルワークスを創業。日本の成長企業に投資する株式投資信託「ひふみ投信」シリーズを運用。投資啓発活動にも注力しており、東京理科大学MOT上席特任教授、早稲田大学政治経済学部非常勤講師、日本取引所グループ(JPX)アカデミーフェロー、一般社団法人投資信託協会理事を務める。主な著書に『投資家みたいに生きろ』(ダイヤモンド社)、『投資家が「お金」よりも大切にしていること』(星海社新書)、『さらば、GG資本主義――投資家が日本の未来を信じている理由』(光文社新書)など。

ニュース速報

ワールド

米が海外提供の8000万回分ワクチン、全配分先を数

ビジネス

日銀が新制度、気候変動対応の投融資を支援 コロナ対

ワールド

五輪の感染リスクで尾身氏らが提言、「無観客が最も望

ビジネス

訂正-米主要金融市場、18日は通常取引の予定=祝日

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 2

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 3

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性物質

  • 4

    K-POPアイドルも逃れられぬ兵役の義務、ファンを絶望…

  • 5

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 6

    「感染力強いデルタ株のR(再生産数)は最大7」英当…

  • 7

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 8

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 9

    バイオジェン=エーザイのアルツハイマー新薬「アデュ…

  • 10

    インド型変異株(デルタ株)は従来株と症状が違うの…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 6

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 7

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 8

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 9

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 10

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 6

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中