コラム

投資も消費もせずお金を貯め込む日本は「教育失敗国」

2021年03月26日(金)11時40分
藤野英人

「お金のまなびば!」より

<日本人は投資をしないと言われるが、その結果起こるのは、個人個人が貧しくなるということだけではない。「全員が貯め込んだら世の中は回らない」と、ひふみ投信シリーズのファンドマネージャー・藤野英人氏は指摘する>

ひふみ投信シリーズのファンドマネージャーとして知られる藤野英人氏と、お金や投資、経済について学ぶYouTubeチャンネル「お金のまなびば!」

今回取り上げる動画は、「【投資のプロが語る】日本人のお金が増えない理由 眠れるタンス預金を動かそう」

第一生命経済研究所の試算によると、個人がお金を金融機関に預けずに自宅で保管する「タンス預金」は、2019年に50兆円を超えた。「タンス預金は新型コロナウイルスの影響でますます増えている。私の予想では、現在は60兆円ほどになっている可能性が高い」と藤野氏は言う(編集部注:3月17日に日銀が発表した「資金循環統計」〔速報〕によると、個人金融資産の「現金」は101兆円と初めて100兆円を超えた)。

なかには、タンスどころか油紙で巻いたお札を大きな壺に入れ、軒下に埋める人も存在するという。

「お金を埋めても、『ジャックと豆の木』のように金のなる木が生えてくるわけではない」

笑い話のようだが、この超低金利時代において、軒下も銀行も大差ないと言えるかもしれない。

日本人の家計金融資産は、欧米の先進国と比べて現金・預金の占める割合が非常に高いのが特徴だ。日本銀行の資料「資金循環の日米欧比較(2020年8月)」によれば、その割合は54.4%。一方、投資(株式等、投資信託、債務証券)に回す金額の割合は14.4%にとどまる。

これに対し、アメリカの現金・預金の割合は13.7%、投資に回す割合は50.8%と、日本とはまるで正反対だ。では、投資にお金を回すと、どのような現象が起こるのか。一言で表すと、「国が元気になる」ということだ。

「海外の場合、設備投資や研究開発にお金をあてるので、社会がどんどん進歩していく。日本人は現金を消費にも投資にも回さず溜め込んでいるだけなので、世の中は動かない。お金を抱いて、貧乏になっていくだけだ」

事実、家計金融資産の伸び率の差は歴然だ。金融庁「平成28事務年度 金融レポート」によれば、過去20年間で日本の家計金融資産が約1.54倍しか伸びていないのに対し、アメリカは約3.32倍、イギリスは約2.46倍も資産を増やした。

他国は年々成長している。しかし、日本の場合はお金が働いていないので、貯金した分しか資産は増えないのだ。

プロフィール

藤野英人

レオス・キャピタルワークス 代表取締役会長兼社長、CIO(最高投資責任者)
1966年富山県生まれ。国内・外資大手資産運用会社でファンドマネージャーを歴任後、2003年にレオス・キャピタルワークスを創業。日本の成長企業に投資する株式投資信託「ひふみ投信」シリーズを運用。投資啓発活動にも注力しており、東京理科大学MOT上席特任教授、早稲田大学政治経済学部非常勤講師、日本取引所グループ(JPX)アカデミーフェロー、一般社団法人投資信託協会理事を務める。主な著書に『投資家みたいに生きろ』(ダイヤモンド社)、『投資家が「お金」よりも大切にしていること』(星海社新書)、『さらば、GG資本主義――投資家が日本の未来を信じている理由』(光文社新書)など。

ニュース速報

ワールド

米中、来週の外相会談の予定なし=米国務省当局者

ビジネス

米製造業PMI、6月は過去最高 価格上昇続く

ビジネス

米5月新築住宅販売5.9%減、1年ぶり低水準 価格

ワールド

北朝鮮外相、米との接触「時間の浪費」と一蹴

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 2

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品のひどい言い分

  • 3

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さらに強く

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環…

  • 6

    トルコの海を覆い尽くす「海の鼻水」...茶色い粘液の…

  • 7

    1億8000万年前から生き残るクモヒトデの新種が発見…

  • 8

    死海沿岸を呑み込む7000個の陥没穴 縮む塩湖で地下…

  • 9

    G7の英コーンウォールで2450%増の感染爆発 人流増で…

  • 10

    台湾・ベトナムから始まる日本版ワクチン外交の勝算

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 9

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 10

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中