注目のキーワード
文字サイズ

Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

民族の歴史を刻むエストニアの祭典

Singing for Freedom and Identity

Photographs by Bill Frakes

 白地に鮮やかな刺繍を施した民族衣装の女性や、黒い帽子にひざ丈パンツ姿の男性たちが広大な野外会場を埋め尽くし、次々に歌や踊りを披露する。バルト海に面したエストニアの…

詳しく見る

アーカイブ

クリミアで揺れる 戦闘民族の伝統

 今年3月にウクライナからの独立を宣言し、ロシアに編入されたクリミア半島。世界の注目を集めるこの半島に、多くの少年が集まってくる人里離れた場所がある。彼らの目的は、コサッ…

2014.07.29

男だけが消えた 旧ソ連の小さな国

 旧ソ連の辺縁地帯では、貧困と失業が蔓延している。アルメニアもそんな国の1つ。就労年齢に達した男性の実に9割が、仕事を求めてロシアやウクライナなど近隣の国へ季節労働者とし…

2014.06.24

新生アフリカで きらめき放つ モードの世界

 貧困と汚職と部族争い──アフリカはこれまで、そんなイメージでばかり語られてきた。だが今のアフリカは、世界で最も経済が急成長している大陸だ。  ファッション業界も例外で…

2014.05.21

ロンドンの 殺人の記憶を 風化させない

 ロンドンの街を歩いていると、ひっそりと喪に服している一角を目にすることがよくある。たむけられた花束がしおれていたり、少し色あせたメッセージカードや家族写真が置かれたまま…

2014.04.18

父として、子として 知った生の意味

 写真家のクリストファー・アンダーソンはこれまで輝かしいキャリアを築いてきた。 写真家集団マグナムの一員として、著名人のポートレートからボートで亡命を図るハイチ難民、さら…

2014.04.05

世界報道写真コンテスト 「シグナル」が大賞に

 先ごろ、世界報道写真(World Press Photo)財団(本部・オランダ)から第57回世界報道写真コンテストの各賞が発表になった。大賞は、月の輝くジプチの海岸で家…

2014.03.04

障害者の私が映し出す「本当の私」

 これまで、身体障害者について実に多くの「物語」が語られてきた。しかしそのほとんどは健常者の視点で語られる悲劇や、勇敢さをたたえるストーリーだ。その中で、障害者は健常者と…

2014.01.25

内戦終結から10年 傷癒えぬリベリア

 西アフリカに位置する、人口約410万人の小国リベリア。この国では80年代終わりから00年代にかけ断続的に政府軍と反政府勢力による戦いが起きた。20万人以上の死者を出した…

2013.12.18

ド派手に残す中国流・愛の契り

 2人の愛の記念に素敵なアルバムを作りたい! 中国では結婚するカップルの多くがそう考える。専門の写真館は競って、冬の庭園、ヨーロッパの城、教会、ギリシャの島......と…

2013.12.06

ケネディ大統領暗殺をとらえた 市民たちの記録

 近年は、災害や紛争、事件、事故などの現場に偶然居合わせた人たちが携帯電話のカメラ機能を使って記録する機会が増え、撮影された画像はニュース写真としての役割を果すことも多く…

2013.11.05
ページトップへ

Recommended

MAGAZINE

特集:ビッグデータ 可能性と限界

2014-9・ 2号(8/26発売)

パソコンやネットの誕生に匹敵する変革の波
来るべきデータ時代は生活とビジネスをこう変える

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版
Sound's View 自分を創る音の風景 豊田泰久さん
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    殺害されたジャーナリストはISISへの「生け贄」だった

    残虐な処刑映像が公開されたジェームズ・フォーリーは…

  2. 2

    旅客機、どんどん狭くなる足元スペースの暴利

    狭い座席に乗客を詰め込む強欲エアラインに誰もがブチ…

  3. 3

    エボラ蔓延の真の元凶は文化格差

    西アフリカ諸国では西洋医学に対する不信感や誤った噂…

  4. 4

    韓国が輸出する超小型犬の悲劇

    ティーカップサイズでセレブに人気の超小型犬は韓国の…

  5. 5

    「第3の端末」iPadに見えた限界

    ユーザーの満足度も高くシェアもダントツなのになぜ売…

  6. 6

    グーグルが軍事施設を丸裸に

    グーグルマップのコンテスト参加者が描いてしまった禁…

  7. 7

    米政府のサイバー責任者はコンピューター音痴

    テクノロジーの知識より幅広い知識のほうが重要と言う…

  8. 8

    インドにも「侵入」を繰り返す中国

    実効支配地域の認識は食い違うが、現状維持では一致す…

  9. 9

    反日による日本人欠場でゲーム大会中止に

    日中の尖閣問題からアメリカのイラン制裁まで、国家間…

  10. 10

    ISISの報復は米本土へのテロ攻撃か

    イラクとシリアを席巻する彼らの作戦遂行能力はアメリ…

  1. 1

    円安で供給不足の「悪循環」がやってくる

    8月に入って、不吉な統計の発表が続いている。貿易…

  2. 2

    中高生の「男女別学」にはメリットがあるのか?

    静岡県の川勝平太知事は7月に行われた県議会の一般…

  3. 3

    慰安婦問題の本質は大誤報を認めても謝罪しない「朝日新聞問題」だ

    8月5日から6日にわたって朝日新聞は慰安婦問題の…

  4. 4

    3月14日開業が決まった北陸新幹線に死角はないか?

    開業日は多くの人が予測していた通りでしたが、運行…

  5. 5

    『永遠の0』の何が問題なのか?

    先月に一時帰国した際、評判の映画『永遠の0』を観…

  6. 6

    イラク:新首相の評価は

    夏は国際学会のシーズンである。海外で開催される中…

  7. 7

    ミズーリ州の暴動は沈静化へ向かうのか?

    ミズーリ州セントルイス近郊のファーガソン市では、…

  8. 8

    リトルリーグに現れた「少女エース」の快投

    昨年もこのブログでお話した、アメリカ東海岸の夏の…

  9. 9

    田母神俊雄氏のイスラエル訪問計画、3つの懸念

    田母神俊雄氏(元自衛隊航空幕僚長)の支持グループ…

  10. 10

    イラク新首相、任命されたはいいが

    8月8日、イラク北部で大きな脅威となった「イスラ…

  1. 1

    韓国の国民銀行在日支店に行政処分=金融庁

    金融庁は28日、韓国の国民銀行在日支店に行政処分…

  2. 2

    コンゴで別ウィルスによるエボラ熱発生、英国では初の感染者が帰国

    アフリカ中部のコンゴ(旧ザイール)で、西アフリカ…

  3. 3

    クモの巣で火災発生の恐れ、スズキが米国でリコール

    米道路交通安全局(NHTSA)は27日、スズキの…

  4. 4

    台湾が戦闘機を緊急発進、中国は「定期的飛行」と侵入否定

    中国国防省は26日、同国軍機が台湾の空域に4回侵…

  5. 5

    中国軍将校「米軍機にもっと接近を」、潜水艦偵察に対抗呼び掛け

    中国の海軍将校は今週国営メディアで、南シナ海上空…

  6. 6

    中国太陽光パネルのインリーが予想上回る赤字、出荷見通し下げ

    中国の太陽光パネル大手、インリー・グリーン・エナ…

  7. 7

    期限切れ肉問題、上海福喜食品の社員6人逮捕

    中国当局は期限切れ食肉使用問題に絡み、米食肉大手…

  8. 8

    エボラ感染が2万人超える可能性、約508億円の対策必要=WHO

    世界保健機関(WHO)は28日、西アフリカのエボ…

  9. 9

    ロシア国防相搭乗機、ポーランドが通過拒否=通信

    国営ロシア通信(RIA)は29日、ポーランド政府…

  10. 10

    アイスランド火山で地震相次ぐ、噴火懸念高まる

    アイスランド気象庁は27日、同国中部のバルダルブ…