注目のキーワード
文字サイズ

Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

紫煙に覆い隠された、たばこ産業の現実

BEHIND THE SMOKESCREEN

Photographs by Rocco Rorandelli-TerraProject

 400年という長い歴史を持つたばこ産業は現在、健康への影響を懸念する先進諸国では大きな変化の時を迎えている。喫煙者数は減少し、広告の制限や公共スペースの禁煙化など…

アーカイブ

打ち捨てられたイタリア文化遺産

 「コロッセオ(円形闘技場)がある限り、ローマはある。コロッセオが崩壊すれば、ローマは崩壊する。ローマが崩壊すれば、世界が崩壊する」。8世紀の聖職者ベーダのこの言葉は、勝…

2015.08.04

癌と闘う両親にカメラを向けて

 2013年、私の両親は癌と闘っていた。母は20年近く乳癌の治療を受けていたが、そこへ12年末、父も膵臓癌と診断された。末期のステージ4だった。  迫りくる死の恐怖に負…

2015.06.25

道1本を挟んだ宗派抗争

 レバノン北部のトリポリは同国第2の都市であると同時に、宗派対立に翻弄されてきた貧困地域だ。人口約50万人のうち8割がイスラム教スンニ派、1割ほどがシーア派の分派アラウィ…

2015.05.20

【ガイ・ティリム特別寄稿】 写真で伝えるということ

 これらの写真で何を伝えたいのか? 正直、私にも分からない。1枚1枚についてその文脈を説明して回ることもできる。だがそれをしたら、写真を見る人のさまざまな解釈の仕方に制限…

2015.04.07

悪名グアンタナモの隠れた現実

 テロ容疑者への残虐な拷問、有刺鉄線が張り巡らされたフェンス、オレンジ色のつなぎの囚人服──キューバのグアンタナモ米海軍基地は、アメリカの対テロ戦争の負の側面が凝縮された…

2015.03.04

難民船沈没から1年 海底に眠る記憶

 イタリア最南端のランペドゥーサ島沿岸で悲劇は起きた。2013年10月初め、難民500人余りを乗せてリビアからイタリアへ向かっていた船が火災を起こして沈没。366人が亡く…

2015.01.16

【年末写真集特集3】アフガンを塗り潰した戦乱の日常

 アフガニスタンと聞いて多くの人が思い浮かべるのは「戦争」のイメージ。実際、この国では1979年からのソ連による侵攻とその後の内戦、タリバンの国土制圧、9・11後の米軍に…

2014.12.16

【年末写真集特集2】巨匠が贈る地球へのラブレター

 貧困国の労働者を取り巻く過酷な現実や、住む土地を追われた難民の姿をレンズで切り取り、生ある者の尊厳を伝えてきた報道写真界の大御所セバスチャン・サルガド。彼が次に目を向け…

2014.12.09

【年末写真集特集1】戦争と平和を往来する旅

 「喜びで満たしてくれる記憶を大切にすると同時に、暴力的で残酷な記憶を消そうとした。しかし戦場に行った多くの写真家と同じように、その亡霊を抑え込むのには苦労した」  ニ…

2014.12.02

閉鎖都市に残る冷戦期の面影

 ロシアに近いカザフスタン東部の2つの町。そこでは古い長距離ミサイルや崩れた建築物の跡が、現代文明から取り残されたかのようにひっそりとたたずんでいる。  写真家のナダフ…

2014.11.14
ページトップへ

Recommended

MAGAZINE

特集:持続不可能な中国経済

2015-9・ 8号(9/ 1発売)

構造的欠陥を抱えた中国経済の不透明感に世界が動揺
不安定な中国という「ニューノーマル」とどう向き合う?

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

ニューストピックス

ニューズウィーク日本版2015秋特別試写会「ヒトラー暗殺、13分の誤算」ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    部活指導に時間を食われる日本の教師は「何でも屋」?

    教員が授業に専念できない、日本の教育現場の過酷…

  2. 2

    ひそかに進む日本社会の「階層化」

    文化活動を媒介にした親から子への地位の再生産は…

  3. 3

    ドイツだけで毎年4500万羽のひよこが殺される

    鶏卵業界の世界的慣行になっているひよこの殺処分…

  4. 4

    ロシアが欧州に仕掛けるハイブリッド戦争

    狙いはウクライナだけじゃない、英仏など西ヨーロ…

  5. 5

    「俺はISじゃない」と髭を剃るムスリムたち

    ISISとの戦いの最前線では、髭を剃るか否かの…

  6. 6

    ネットフリックス日本進出の成否、米メディアはこう見る

    サービス開始を2週間後に控える米動画配信の巨人…

  7. 7

    「台風の目」トランプの意外な実力

    大富豪のキワモノ候補のはずが、今や支持率首位。…

  8. 8

    ハッカーに襲われた不倫サイトの顧客被害どこまで?

    サイトの性質上、会員は気が気ではない。同種のサ…

  9. 9

    脱原発に必要な抑止力とは

    原発を取り巻く「想定外」脱却に向けたリアルな視…

  10. 10

    中国「戦勝70周年」行事は韓国外交への踏み絵

    朴がロシアのプーチンと並んで軍事パレードに臨め…

  1. 1

    「フジ子・ヘミング現象」の何が問題なのか?

    ピアニストのフジ子・ヘミング女史のリサイタル…

  2. 2

    安倍談話の「中道シフト」はホンモノか?

    ニューヨーク・タイムズが "keenly a…

  3. 3

    急拡大する太陽光発電、その光と影

    今年の7月、山梨県北杜市で、太陽光発電の開発の様…

  4. 4

    人民元切り下げから考える、注目すべき中国経済統計の話

    〔ここに注目〕輸出入額&電力消費量 人民…

  5. 5

    日本株の不安な未来

    株価が下がっている。この理由は2つある。 ま…

  6. 6

    サイバー攻撃が、現実空間に大被害をもたらしたと疑われる二つの事例

    本当にサイバー攻撃だったのか、有名だが、専門家を…

  7. 7

    シカ被害と電気柵、アメリカの事情は?

    感電事故に続いて設置者の自殺という悲劇を生ん…

  8. 8

    安保法案については、アメリカ人だから語りません

    【はじめに】 僕らアメリカ人が日本の安全保障問…

  9. 9

    井戸が干上がり、草原は枯れる中国西部。砂漠化とともに失われる価値観

    中国の新鋭リー・ルイジュンの長編第4作『僕たちの…

  10. 10

    「トランプ旋風」にダマされるな!

    大統領選本戦が来年11月ということを考えると…

  1. 1

    バンコクの爆発で死者22人、邦人男性1人重体

    タイの首都バンコクで17日夜、観光客で賑わう…

  2. 2

    バンコク爆発事件、監視カメラの男が容疑者か

    タイの首都バンコクの繁華街で17日夜に発生し…

  3. 3

    バンコク爆発容疑者は外国人男、2人の共犯者=タイ警察

    タイ警察当局は19日、首都バンコクの繁華街で…

  4. 4

    中国が朝鮮半島緊張に「深い懸念」、全当事者に自粛呼び掛け

    中国外務省は21日、朝鮮半島の緊張が高まって…

  5. 5

    天津爆発で安全確保困難、トヨタ現地工場の生産停止延長へ

    トヨタ自動車は19日、中国・天津市の港湾地区…

  6. 6

    天津爆発、中国保険会社の財務圧迫へ=フィッチ

    格付け会社フィッチ・レーティングスは18日、…

  7. 7

    世界経済見通し一層不透明に、株価急落・原油大幅安

    21日発表された各種経済指標から、中国経済が…

  8. 8

    「アコード」08年型搭載のエアバッグ、米当局調査に着手

    米道路交通安全局(NHTSA)は21日、ホン…

  9. 9

    アジア株式市場サマリー(21日)

    <中国・香港市場> 中国株式市場は4%超の大…

  10. 10

    米国株が中国減速懸念で大幅続落、ダウは調整局面入り

    21日の米国株式市場は大幅続落して取引を終え…