注目のキーワード
文字サイズ

Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

癌と闘う両親にカメラを向けて

A LIFE IN DEATH

Photographs by Nancy Borowick

 2013年、私の両親は癌と闘っていた。母は20年近く乳癌の治療を受けていたが、そこへ12年末、父も膵臓癌と診断された。末期のステージ4だった。  …

アーカイブ

道1本を挟んだ宗派抗争

 レバノン北部のトリポリは同国第2の都市であると同時に、宗派対立に翻弄されてきた貧困地域だ。人口約50万人のうち8割がイスラム教スンニ派、1割ほどがシーア派の分派アラウィ…

2015.05.20

【ガイ・ティリム特別寄稿】 写真で伝えるということ

 これらの写真で何を伝えたいのか? 正直、私にも分からない。1枚1枚についてその文脈を説明して回ることもできる。だがそれをしたら、写真を見る人のさまざまな解釈の仕方に制限…

2015.04.07

悪名グアンタナモの隠れた現実

 テロ容疑者への残虐な拷問、有刺鉄線が張り巡らされたフェンス、オレンジ色のつなぎの囚人服──キューバのグアンタナモ米海軍基地は、アメリカの対テロ戦争の負の側面が凝縮された…

2015.03.04

難民船沈没から1年 海底に眠る記憶

 イタリア最南端のランペドゥーサ島沿岸で悲劇は起きた。2013年10月初め、難民500人余りを乗せてリビアからイタリアへ向かっていた船が火災を起こして沈没。366人が亡く…

2015.01.16

【年末写真集特集3】アフガンを塗り潰した戦乱の日常

 アフガニスタンと聞いて多くの人が思い浮かべるのは「戦争」のイメージ。実際、この国では1979年からのソ連による侵攻とその後の内戦、タリバンの国土制圧、9・11後の米軍に…

2014.12.16

【年末写真集特集2】巨匠が贈る地球へのラブレター

 貧困国の労働者を取り巻く過酷な現実や、住む土地を追われた難民の姿をレンズで切り取り、生ある者の尊厳を伝えてきた報道写真界の大御所セバスチャン・サルガド。彼が次に目を向け…

2014.12.09

【年末写真集特集1】戦争と平和を往来する旅

 「喜びで満たしてくれる記憶を大切にすると同時に、暴力的で残酷な記憶を消そうとした。しかし戦場に行った多くの写真家と同じように、その亡霊を抑え込むのには苦労した」  ニ…

2014.12.02

閉鎖都市に残る冷戦期の面影

 ロシアに近いカザフスタン東部の2つの町。そこでは古い長距離ミサイルや崩れた建築物の跡が、現代文明から取り残されたかのようにひっそりとたたずんでいる。  写真家のナダフ…

2014.11.14

無人戦闘機に狙われる恐怖

 12年10月、パキスタン北東部でオクラを摘んでいた67歳の女性が、アメリカによる無人機攻撃の犠牲になり亡くなった。翌年、ワシントンの議会で、殺害された女性の13歳の孫息…

2014.10.17

全身9ドルの服が語る中国の肖像

 ポップな色彩にキッチュな着こなし、どこかぎこちないモデルたち・・・現代中国をリアルに切り取るファッションフォトが並ぶ。ただしここには、華やかな舞台もプロのモデルも、高級…

2014.09.12
ページトップへ

Recommended

MAGAZINE

特集:ギリシャ危機の本質

2015-7・14号(7/ 7発売)

世界経済を巻き込むギリシャ債務危機
なぜここまでこじれ、これからどうなるのか?

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

ニューストピックス

定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    サウジの王子、全財産4兆円を寄付のからくり

    過去数百ドルを募金してきた中東の王子様が、全財…

  2. 2

    日本の財政問題とギリシャ破綻

    【小幡績】日本はギリシャよりはるかに大きな借金…

  3. 3

    アメリカのブックフェアで見た中国の「押し売り」プロパガンダ

    中国政府ご推薦の作家と作品だけを出展した広大な…

  4. 4

    ISがまたアフガン遺跡を破壊? いや、中国が

    5000年の歴史を誇る古代都市メス・アイナクが…

  5. 5

    イスラエルが考え出した新たな「拷問」

    「ハンストは自爆テロ」と、食べない囚人に無理や…

  6. 6

    EU離脱後のギリシャ

    通貨が紙くずになるだけではなく、民主主義が終わ…

  7. 7

    チベット化する香港が漢民族支配を脱する日

    「高度な自治」との鄧小平の約束はどこへやら、雨…

  8. 8

    北欧伝統の「クジラ追い込み漁」が始まった

    伝統文化を妨害されたフェロー諸島の住民は猛反発…

  9. 9

    ガザで試した自爆ドローンでひと儲け?

    パレスチナはイスラエルの兵器の実験場か?…

  10. 10

    チェコ語翻訳者が語る、村上春樹のグローバルな魅力

    40以上の言語に翻訳されるほど人気が高いのは「…

  1. 1

    問題は言論弾圧ではなく「メディアの歪んだアジェンダ設定」だ

    6月25日に自民党の「文化芸術懇話会」で、複…

  2. 2

    新幹線放火事件で、安全性は揺らいだのか?

    今週、東京発新大阪行「のぞみ225号」の車内…

  3. 3

    文科省が打ち出した「文系大学はもういらない」の衝撃

    今年も憂鬱な就活の季節がやってきた。会社訪問…

  4. 4

    広島・長崎の「70周年」をどう考えるか?

    戦後70周年の今年、ヨーロッパではアウシュビ…

  5. 5

    警官を見たら殺し屋と思え? アブなすぎるアメリカの実態

    「見た? アメリカの警察の、あのひどい映像。相手…

  6. 6

    「なでしこ」だけではない女子サッカー選手の低賃金

    現地時間で23日深夜のオランダ戦を2対1で勝…

  7. 7

    アメリカの「独立記念日」が「花火とBBQだけ」である理由とは?

    7月4日は、アメリカでは独立記念日の祝日です…

  8. 8

    イギリス人(の中年)の果てなき鳥への愛

    子供が虫に興味を引かれて立ち止まるのは、そう…

  9. 9

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月…

  10. 10

    間違い電話でわかった借金大国の悲しい現実

    ニューヨークに住み始めた僕は、まず携帯電話を手…

  1. 1

    米ボーイングのドリームライナー、アイルランドに緊急着陸

    メキシコ市からパリに向かっていた、メキシコ・…

  2. 2

    中国の軍事支出に「長期的乱用」、調査で判明=新華社

    中国国営メディアは2日、過去1年半にわたる同…

  3. 3

    中国株式市場、20社以上が3日から売買停止に

    ここ3週間にわたり大幅に下落している中国の株…

  4. 4

    ギリシャ首相、条件付きで債権団の救済策受け入れの書簡

    ギリシャ政府当局者は、債権団が示した改革案に…

  5. 5

    深まるギリシャ危機、今後予想されるシナリオ

    ギリシャ支援をめぐる同国政府と債権団の話し合…

  6. 6

    ギリシャ巨額追加支援、IMFが必要と警告

    国際通貨基金(IMF)は2日、ギリシャが経済…

  7. 7

    ギリシャ首相は改革案の否決訴え、国民投票まで協議棚上げ

    ギリシャのチプラス首相は1日、国民向けにテレ…

  8. 8

    エジプト検事総長が殺害される、車列に爆弾攻撃

    エジプトの首都カイロで29日、バラカート検事…

  9. 9

    ギリシャのIMF未返済、デフォルトでない=ECB理事会メンバー

    欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのノボト…

  10. 10

    ユーロ圏がギリシャの支援延長を拒否、債務不履行に現実味

    ユーロ圏の財務相は27日の会合で、ギリシャが…