Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全身9ドルの服が 語る中国の肖像

$9 FASHION

Photographs by Quentin Shih

 ポップな色彩にキッチュな着こなし、どこかぎこちないモデルたち・・・現代中国をリアルに切り取るファッションフォトが並ぶ。ただしここには、華やかな舞台もプロのモデルも…

詳しく見る

アーカイブ

民族の歴史を刻むエストニアの祭典

 白地に鮮やかな刺繍を施した民族衣装の女性や、黒い帽子にひざ丈パンツ姿の男性たちが広大な野外会場を埋め尽くし、次々に歌や踊りを披露する。バルト海に面したエストニアの首都タ…

2014.08.19

クリミアで揺れる 戦闘民族の伝統

 今年3月にウクライナからの独立を宣言し、ロシアに編入されたクリミア半島。世界の注目を集めるこの半島に、多くの少年が集まってくる人里離れた場所がある。彼らの目的は、コサッ…

2014.07.29

男だけが消えた 旧ソ連の小さな国

 旧ソ連の辺縁地帯では、貧困と失業が蔓延している。アルメニアもそんな国の1つ。就労年齢に達した男性の実に9割が、仕事を求めてロシアやウクライナなど近隣の国へ季節労働者とし…

2014.06.24

新生アフリカで きらめき放つ モードの世界

 貧困と汚職と部族争い──アフリカはこれまで、そんなイメージでばかり語られてきた。だが今のアフリカは、世界で最も経済が急成長している大陸だ。  ファッション業界も例外で…

2014.05.21

ロンドンの 殺人の記憶を 風化させない

 ロンドンの街を歩いていると、ひっそりと喪に服している一角を目にすることがよくある。たむけられた花束がしおれていたり、少し色あせたメッセージカードや家族写真が置かれたまま…

2014.04.18

父として、子として 知った生の意味

 写真家のクリストファー・アンダーソンはこれまで輝かしいキャリアを築いてきた。 写真家集団マグナムの一員として、著名人のポートレートからボートで亡命を図るハイチ難民、さら…

2014.04.05

世界報道写真コンテスト 「シグナル」が大賞に

 先ごろ、世界報道写真(World Press Photo)財団(本部・オランダ)から第57回世界報道写真コンテストの各賞が発表になった。大賞は、月の輝くジプチの海岸で家…

2014.03.04

障害者の私が映し出す「本当の私」

 これまで、身体障害者について実に多くの「物語」が語られてきた。しかしそのほとんどは健常者の視点で語られる悲劇や、勇敢さをたたえるストーリーだ。その中で、障害者は健常者と…

2014.01.25

内戦終結から10年 傷癒えぬリベリア

 西アフリカに位置する、人口約410万人の小国リベリア。この国では80年代終わりから00年代にかけ断続的に政府軍と反政府勢力による戦いが起きた。20万人以上の死者を出した…

2013.12.18

ド派手に残す中国流・愛の契り

 2人の愛の記念に素敵なアルバムを作りたい! 中国では結婚するカップルの多くがそう考える。専門の写真館は競って、冬の庭園、ヨーロッパの城、教会、ギリシャの島......と…

2013.12.06
ページトップへ

Recommended

MAGAZINE

等身大の中国経済

2014-9・23号(9/17発売)

崩壊説がくすぶる中国経済だが、データが示す暗い未来と
リアルな中国人の経済生活は必ずしも一致しない

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版
Sound's View 自分を創る音の風景 豊田泰久さん
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    児童1400人性的虐待の衝撃

    筆舌に尽くしがたい仕打ちを犯罪を10年前から知りな…

  2. 2

    コンドームいらずの男性用避妊法まであと少し

    注射1本でパイプカットと同様の効果があり、必要なと…

  3. 3

    教科書の国定化で朴槿恵が陥る深刻なジレンマ

    教科書の固定化、画一化を許せば、朴正煕の軍事独裁が…

  4. 4

    韓国が輸出する超小型犬の悲劇

    ティーカップサイズでセレブに人気の超小型犬は韓国の…

  5. 5

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

    捕鯨問題はオーストラリア国民が党派の枠を超えて結束…

  6. 6

    中国に逆らい日本を支持したフィリピンの思惑

    アキノ大統領が東南アジア諸国で初めて「侵略国」日本…

  7. 7

    「第3の端末」iPadに見えた限界

    ユーザーの満足度も高くシェアもダントツなのになぜ売…

  8. 8

    旅客機、どんどん狭くなる足元スペースの暴利

    狭い座席に乗客を詰め込む強欲エアラインに誰もがブチ…

  9. 9

    「タクシー業界の敵」で「破壊的」なUberとは

    スマホでタクシーを呼べる配車サービスは既存の業界の…

  10. 10

    「ポスト中国」インドネシア経済の病魔

    ジョコ・ウィドド次期大統領が抱える最大の課題は「補…

  1. 1

    セレブはヌード写真を撮ってクラウドに保存するのか?

    アップルのクラウドサービスiCloudからセレブ…

  2. 2

    スコットランド住民投票の意外な意味

    スコットランド独立の是非を問う住民投票が、9月1…

  3. 3

    朝日「誤報」で日本が「誤解」されたという誤解

    いわゆる「従軍慰安婦」問題をめぐる証言記事に関し…

  4. 4

    アメリカやヨーロッパから「ISIS」への志願者、その背景は?

    シリアから始まってイラク北部に「点と線」の支配地…

  5. 5

    STAP細胞事件と朝日新聞誤報事件に学ぶ「だめな危機管理」

    理化学研究所のSTAP細胞についての検証実験の中…

  6. 6

    分離独立運動は「内乱」なのか?

    スコットランドがイギリスから独立するかどうかを決…

  7. 7

    フェミニズム対ナショナリズムの戦争に発展した慰安婦問題

    朝日新聞の「慰安婦」をめぐる大誤報について、木村…

  8. 8

    慰安婦問題の本質は大誤報を認めても謝罪しない「朝日新聞問題」だ

    8月5日から6日にわたって朝日新聞は慰安婦問題の…

  9. 9

    「反原発ムラ」に閉じこもる原子力規制委員会

    原子力規制委員会は9月4日の会合で、日本原電の敦…

  10. 10

    「9・11」から13周年、その前夜にシリア空爆を発表したオバマ

    2001年の「9・11」同時多発テロから13年の…

  1. 1

    西アフリカのエボラ死者、2400人突破=WHO

    世界保健機関(WHO)のチャン事務局長は12日、…

  2. 2

    NY市場サマリー(12日)

    <為替> ドルが対円で6年ぶり高値をつけた。米連…

  3. 3

    グーグルがインドで105ドルスマホ発売、新興国需要に対応

    インターネット検索大手の米グーグルは15日、新興…

  4. 4

    KDDIとソフトバンク、iPhone6の料金発表

    NTTドコモとKDDI(au)、ソフトバンクの3…

  5. 5

    アップルの新型アイフォーン予約、初日に400万台突破

    米アップルは15日、新型スマートフォン(スマホ)…

  6. 6

    日産、EV用バッテリー生産の縮小検討=関係筋

    日産自動車のカルロス・ゴーン最高経営責任者(CE…

  7. 7

    米国がG20で需要促進への対策目指す、欧州に行動要求へ

    米国は欧州に対し、需要と成長の支援に向け、より積…

  8. 8

    米国株がエネルギー株主導で下落、FRBの早期利上げに警戒感

    12日の米国株式市場は下落。エネルギー株が再び売…

  9. 9

    首位候補と1ポイント差、ブラジル大統領選で現職猛追=調査

    Ibopeが12日発表した世論調査結果によると、…

  10. 10

    米が対ロシア制裁強化、銀行最大手も対象に

    米国は12日、ウクライナ問題をめぐる対ロシア制裁…