最新記事

ドイツ

改革は遅く官僚主義的、それでもドイツの民主主義に学ぶべきこと

German Lessons

2021年10月27日(水)20時37分
スティーブン・サボー(ジョージタウン大学非常勤教授)
ドイツ連邦議会選挙の看板

9月に投開票が行われたドイツ連邦議会選挙の看板(ベルリン市内)SEAN GALLUP/GETTY IMAGES

<極右をきっぱり拒絶してオトナの中道政治を選んだドイツの民主主義から、アメリカが学ぶべきこと>

9月に投開票が行われたドイツ連邦議会選挙(総選挙)は、昨年のアメリカ大統領選とは対照的な結果になった。

片や合理性と中道政党と「大人の」リーダーが支持され、極端なナショナリストは拒絶された。片や右派ナショナリストの権威主義者──しかも、選挙結果を力によって覆すように支持者をあおった──の再選が、辛うじて回避された(総得票数の47%を獲得した)。

もちろん、前者がドイツで、後者は世界最古の民主主義国の1つであるアメリカである。

これは皮肉な立場の逆転だ。アドルフ・ヒトラーの独裁が終わり、荒廃して、東西に分断されたドイツに民主主義の基礎を植え付けたのはアメリカだった。西ドイツ基本法の草案に加わったカール・フリードリヒら在米ドイツ知識人の専門家も協力した。

第1次大戦の敗戦後に誕生して失敗に終わったワイマール共和国とは異なり、新しい共和政は長い時間をかけて育まれ、1990年の東西ドイツ統一を迎えることができた。それまで民主主義を経験したことのない1600万人の東ドイツ住民を統合するプロセスは、まだ続いているが。

それでも今、ドイツは世界の民主主義国の模範と見なされるまでになり、最近のピュー・リサーチセンターの調査によれば、多くの国ではアメリカよりも好感度が高い。アメリカの民主主義の現状と未来を憂う人々は、このドイツの経験から何を学べるのか。以下に見ていきたい。

■政治献金の規制

アメリカの民主主義を揺るがす大きな問題の1つは、社会や経済の格差拡大と、ひと握りの集団への富の集中だ。こうなると、政治が富裕層や巨大企業のカネ(いわゆるダークマネー)に左右されやすくなる。

ドイツも政治資金をめぐるスキャンダルと無縁ではない。しかし、基本的に政党が献金や助成金を受け取る窓口となり、各候補者に分配する仕組みを取ることによって、オープンで透明性が高い仕組みが作られており、アメリカのような政治とカネの問題は回避してきた。

■議会制民主主義

アメリカの政治システムの大きな弱点の1つは、歴史家アーサー・M・シュレジンジャーJr.が言うところの「帝王的大統領制」だ。大統領制は、独裁者を生み出しやすい。

ドイツにも大統領はいるが、形式的な存在にすぎない。また、議会制民主主義がヒトラーを生み出した苦い経験から、個人に権力が集中しない工夫がされている。特に比例代表制は、複数の政党が互いに歩み寄り、合意を形成することを促してきた。それは必然的に政治の中道化をもたらす。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国軍、台湾海峡で「戦闘準備パトロール」 米議員団

ビジネス

米経済に勢い、緩和縮小加速に前向き=アトランタ連銀

ビジネス

焦点:米テック企業に広がる労組結成の波、経営陣は対

ワールド

南アは透明性を持って行動、渡航制限は不当=保健相

MAGAZINE

特集:AI戦争の時代

2021年11月30日号(11/24発売)

人工知能を持つ戦闘マシンが自らの判断で敵を殺す ──「核より恐ろしい」新型兵器が現実の戦場に現れた

人気ランキング

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 5

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 6

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 7

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 8

    現在の経済混乱は企業が続けてきた「ケチ経営」のツ…

  • 9

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 10

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 5

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 6

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 7

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 8

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 9

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 10

    コーギー犬をバールで殺害 中国当局がコロナ対策で.…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 7

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 8

    時代に合わなくなったヒーロー「ジェームズ・ボンド…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月