ニュース速報

ワールド

北朝鮮、対米関係で対話と対立双方に備えを─金総書記=国営通信

2021年06月18日(金)18時09分

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記は、対米関係で対話と対立の双方の用意をすべきだとし、特に対決に備える必要があるとの見解を示した。北朝鮮国営の朝鮮中央通信社(KCNA)が18日、伝えた。写真は17日、KCNAが提供(2021年 ロイター)

[ソウル 18日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記は対米関係について、対話と対立の双方の用意をすべきだとし、特に対立に備える必要があるとの見解を示した。北朝鮮国営の朝鮮中央通信社(KCNA)が18日、前日の朝鮮労働党中央委員会総会での発言として伝えた。

KCNAによると、金氏はバイデン政権の対北朝鮮政策の傾向を詳細に分析した結果、米国に対する「適切な戦略的抵抗」を維持すべきだと主張。北朝鮮の威厳と利益を守るため、米国との対話と対立の双方に備える必要があり、特に対立への備えを万全にすべきだと強調、それにより、北朝鮮の平和と安全が保証されると述べた。

金氏はまた、北朝鮮の戦略上の立場と役割をさらに向上させる必要があるとも述べた。

金氏がバイデン政権について直接発言したのは今回が初めて。19日に米国の北朝鮮担当特使であるソン・キム氏が韓国を訪問し、日本を含めた3カ国による高官会合を開催する予定となっている。

<批判抑制、対話に前向きなサインとの見方>

核問題に詳しい米マサチューセッツ工科大学(MIT)のヴィピン・ナラン准教授は、金氏の発言はバイデン政権を挑発するのは控える一方、「様子見」姿勢の継続を示していると分析。

「北朝鮮は現時点で主導権は米国にあると考えている様子で、バイデン政権からどのような働き掛けがあるか見守るつもりのようだ」と述べた。北朝鮮が昨年の台風被害が原因で食糧不足に見舞われ、新型コロナウイルス感染拡大のリスクもあるとの指摘がある中、「金氏は短期的に対立回避を願っていると想定できる」とした。

北朝鮮大学院大学(ソウル)のヤン・ムジン教授は、金氏が将来のある時点で米国との協議に復帰するつもりがあるというメッセージを送っているとみる。

「(金氏は)対立と言ったが、韓国と米国への批判は控え、地政学的に安定した状況を維持する必要性を強調した」と述べた。

北朝鮮では15日に朝鮮労働党中央委員会総会が開幕した。総会は主要政策の進捗を検証したり、懸案の打開策を検討する。金氏は初日に新型コロナ流行や昨年の台風被害により食糧事情が切迫していると指摘し、対策を指示した。

外交関係者やアナリストは、北朝鮮では広範囲に食料不足が起きており、政府は認めていないが新型コロナの感染が広がっていると指摘する。すでに制裁で打撃を受けている経済は、国境閉鎖でさらに悪化している。

<中国、非核化へのロードマップ作成求める>

中国外務省の趙立堅報道官は定例記者会見で、朝鮮半島の非核化に向けて「実行可能な」ロードマップをまとめるよう米国と北朝鮮に促していると述べた。

「関係国はこの機会を利用し、状況を段階的に改善するよう取り組むべきだ」と指摘した。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

年内か来年早期の債券買い入れ縮小見込む=米SF連銀

ワールド

デルタ変異株、米州で感染拡大 汎米保健機構「非常に

ワールド

NY州知事のセクハラ問題、地方検察が相次ぎ調査に着

ビジネス

米自動車大手、30年までに新車のEV比率最大50%

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2021年8月10日/2021年8月17日号(8/ 3発売)

免疫学者から歌舞伎役者、ユーチューバーまで世界が認めた日本の天才・異才・鬼才100人

人気ランキング

  • 1

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 2

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 3

    誰にも聞こえない周波数で歌う世界一孤独な「52ヘルツのクジラ」の謎

  • 4

    気候変動の影響で地球の自転軸がずれた──最新研究

  • 5

    中国発の大ヒットSF小説『三体』に秘められた中国的…

  • 6

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

  • 7

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 8

    自宅療養で人々を見殺しにすると決めた菅首相

  • 9

    「反マスク派」ポスターを剥がした女性、仕込まれて…

  • 10

    仮説上の天体『テイア』の遺物が地球深部に存在する…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 3

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 4

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 5

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 6

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 7

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 8

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 9

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 10

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中