ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=ドル指数20年7月以来の高値、FRBの積極的な利上げ観測で

2022年01月28日(金)07時12分

ニューヨーク外為市場でドルが主要通貨に対し上昇し、2020年7月以来の高値を更新した。2018年2月撮影(2022年 ロイター/Jose Luis Gonzalez)

[ニューヨーク 27日 ロイター] - ニューヨーク外為市場でドルが主要通貨に対し上昇し、2020年7月以来の高値を更新した。米連邦準備理事会(FRB)が25─26日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、予想通り3月に利上げし、その後保有資産の大幅な圧縮に着手する可能性が高いと示唆したことが引き続き材料視された。

終盤の取引で、主要通貨に対するドル指数は0.8%上昇し、20年7月以来の高値となる97.299。1日の伸びとしても、約2カ月ぶりに高さとなった。

政策金利の動向に敏感な米2年債利回りの上昇もドルへの追い風となった。

ユーロ/ドルは0.95%安の1.1133ドルと、20年6月以来の安値に沈んだ。

ドル/円も続伸し、0.49%高の115.21円。

ドルはニュージーランドドルに対し約1年ぶり高値、豪ドルに対しても約7週間ぶり高値を付けた。

OANDAのシニアマーケットアナリスト、エド・モヤ氏は、積極的な米利上げ見通しが世界的なリセットにつながっていると指摘。「インフレが実際にピークに達する時期は不明で、FRBがどの程度(利上げを)進めるかは誰にも分からない」と述べた。

さらに、インフレが年央までに落ち着くという楽観的な見方がある一方、悪化すれば、FRBによるさらなる積極的な行動につながる可能性があるため、「ドルには幾分の上値余地が残っている」と予想した。

米商務省が発表した21年通年の成長率は5.7%と、1984年以来、約40年ぶりの大幅な伸びを記録した。21年第4・四半期の実質国内総生産(GDP)速報値は年率換算で前期比6.9%増と、第3・四半期の2.3%増から加速した。

ただ、ナティクシスの米州チーフエコノミスト、ジョー・ラボーグナ氏は、在庫積み増しが第4・四半期GDPの伸びの約4分の3を占めたことを踏まえ、「堅調な経済」とは断言できないとした。

ロシア通貨ルーブルは対ドルで2.09%高の77.77ルーブル。ウクライナとの戦争という考えさえ容認できないというロシア側の発言を受け、ロシア・ウクライナ間の緊張悪化を巡る懸念が和らいだ。

オフショア人民元はドルに対し0.52%安の6.3668元。中国国家統計局が発表した21年12月の工業部門企業利益は前年比4.2%増で、伸び率は前月(9%)から鈍化し20年4月以降で最低となった。

暗号資産(仮想通貨)のビットコインは1.5%安の3万6276ドル。

ドル/円 NY終値 115.34/115.39

始値 115.19

高値 115.48

安値 115.16

ユーロ/ドル NY終値 1.1143/1.1147

始値 1.1157

高値 1.1168

安値 1.1133

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

インド首相、ソフトバンクGの孫会長らと会談

ビジネス

コストプッシュ型インフレ、財政政策で対処を=日銀研

ワールド

日米首脳、拡大抑止の有効性を確認 日本は防衛費の増

ワールド

お知らせ=重複記事を削除します

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの人が苦々しく思う理由

  • 2

    中国鉄道メーカー、欧州で「車両販売キャンセル」の衝撃 2年経っても運行認可出ず

  • 3

    食洗機のパーツを戦車に搭載 制裁のロシア軍、チップ不足で苦悶

  • 4

    「アカウント再開のため、運営社員と何度も寝た」人…

  • 5

    ついにロシアを見限った、かつての「衛星国」たち

  • 6

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 7

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 8

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 9

    カミラが王妃?そんな裏切りはダイアナと英国民が許…

  • 10

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 5

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 6

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカ…

  • 9

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 10

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中