e-World Premium

最新の国際情勢を深堀りする「e-World Premium」。
国際政治・安全保障・経済の専門家と、時事通信社の第一線のジャーナリストが世界の「いま」を語り、ニュースの裏側を解説する。紙メディアは発行せず、スマホやタブレット、PCの読者に特化したサービスを展開。月1回発売の最新号とバックナンバーのサンプルは下記サイトにお進みください。各号は電子書店からお求めいただけます。
http://www.jiji.com/service/e-world/index.html

米政治

18年米中間選挙では外国政府の干渉はあったのか──ロシア疑惑のその後

2019.05.10
サイエンス

花粉症、温暖化、放射性廃棄物の処分──「昭和」からのツケを引き継ぐ「令和」

2019.04.12
中国

習派、最高裁トップの粛清失敗? 異例の合同調査で非主流派が巻き返し

2019.03.29
アフリカ

アフリカに債務危機懸念──中国が「わな」を仕掛けたのか、批判は妥当なのか

2019.03.02
韓国

韓国経済の先行きに不透明感が高まっている3つの理由

2019.02.21
外国人労働者

日本に労働者を送り込むネパールのブローカー暗躍 韓国のEPSを参考にとの声も

2019.02.05
ブレグジット

【要点整理】英議会でのEU離脱協議の内容 不透明感高まる離脱の行方

2019.01.24
北朝鮮

北朝鮮とベトナムが急接近 次の米朝会談はリゾート地ダナンに?

2019.01.18
捕鯨

IWC脱退で問われる「捕鯨国」日本の説明力

2019.01.10
韓国

「元徴用工判決」への誤解を正す ICJ提訴は必ずしも有利にならない

2018.12.07
メディア

「外国人材」という珍妙な言葉... 日本にはやるファクトチェックの現状

2018.11.29
米経済

中間選挙後の米国経済の行方 注意が必要な先行きのリスク要因とは

2018.11.13
北朝鮮

ある海水浴場と「先軍時代」の終焉、金正恩「人民愛」あふれる指導者像

2018.11.01
北朝鮮

金正恩の「聖地登山」はインスタ映え狙って演出か 超能力伝説でイメージ作りも

2017.12.15
北朝鮮

北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約に必死か

2017.11.08
北朝鮮

金王朝支える作家集団 初の「金正恩小説」は対米決戦勝利のシナリオ

2017.10.19
米海軍

イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

2017.10.12
北朝鮮

北朝鮮に国連経済制裁は効いているのか? なお続く核・ミサイル開発

2017.09.29
北朝鮮

強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密演説

2017.09.14

日本の「料理人帯同制度」は世界でも少数派 おもてなしの是非

2017.08.14

MAGAZINE

特集:ファーウェイの正体

2019-5・21号(5/14発売)

中国軍出身者が作り上げた最強の5G通信企業ファーウェイが世界の情報網を支配する日

人気ランキング

  • 1

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    収入が減る一方で家賃は上がる──日本が過去20年で失った生活のゆとり

  • 4

    米中交渉決裂、追い込まれた習近平

  • 5

    イランも臨戦態勢に──戦争を避ける最後のチャンス

  • 6

    シカゴで猟奇殺人──19歳の妊婦を殺害後、腹を切って…

  • 7

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 3

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%」を分からない絶望的な日本

  • 4

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 5

    トランプの言うことは正しい

  • 6

    「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

  • 10

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 7

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 8

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月